DJMAX RAY 何卒よろしくお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/--:-- | スポンサー広告 | Comment(-)

電子フィギュア

帰宅してボケーっと考えたことがあるだけどね。
せっかくならということで画像つきでお送りいたします。
久々に日記らしくない日記となりました。
画像準備するのは30分くらいかかったんだけども。

まず、テーブルでも出窓でも棚の上でもどこでもいいのだけど、スペースがある。

今回は自宅のテーブルを撮影いたしました、こんな具合でね。
メモ帳開いて文字書き始めてからは10分経ってないw
棚の上とか特にそうだけど、何も置いてないとさみしいじゃん?
そういうとこにフィギュアとか写真立てとか飾るとよいのだけどね。
そういえばそうだ。
最近かなり人気になったデジタルフォトフレーム。
電子端末の写真立て、スライドショーできたり動画を流してたり何かとおしゃれ。
それをとりあえず設置してみることにしました。

ただの画像の貼り付けだけど、今回は俺の妄想の世界なのでスルーしてください。
学校在籍中も社会人として活躍中も関係ないけども。
フォトフレーム置くだけなら普通。
今回はそんな普通の話じゃなく、もうちょっと先まで考えています。
ITの世界に生きる身として、PCを触る生活は間違いなく日常だと思います。
上の画像でわかる人はわかるけども、このフォトフレームちょっと違う。
今一般的に市販されているものに比べて、フレーム部分が非常に細い、画像加工の賜物。
そこで大事になってくるのが、パフォーマンスの向上および作業時間の短縮。
ここまではちょっと探せばすぐ実現できるインテリア。
こっから話がイメージの世界に飛躍します、多分情報工学的には出来そうなことだけど。
レポート書いてたりするとわかると思うけど、時間がとても貴重になってくる。
作業量にもよるけど、とにかくタイピングする機会ってのが非常に多い世界。

とりあえずこのフォトフレームの裏側にカメラを取り付けます。
カメラ内臓とか今簡単に出来るでしょ、その要領で裏側に。
そんなときやっぱりタイピングのスピードって大事。
そのカメラで撮影されているものを液晶に映し出しますと。

こんな風になってほしい、後ろが透過されているように見える。
俺もいつだろうねぇ・・・。
ここでやってくる技術、AR
俺の在籍していた研究室のメンバーであるてぃーたママの研究内容。
拡張現実と言われる技術ですね、まー知っていると言う前提で進めます。
中2か中3のころに市販のタイピングソフトを買いまして。
ARで使われるマーカーを撮影されている範囲の好きなところに配置します。

用紙を用意するのが面倒だったのでイメージ図ですが、このように。
左からB,D,V,Gの4枚を配置してみます、この4つの英字は一応意味ある、あとでわかる。
とりあえずホームポジションを習得するところからはじめました。
そんでもって、できればフォトフレーム内に組み込めればいいのだけど。
AR解析のツール的なもので、マーカー解析して3Dを表示する。

こんなカンジで、マーカーの上にそれぞれ対応するシンボルを。
もちろん紙を動かせばそれに合わせて3Dも移動するよ。
あとは慣れだと思って、何をしはじめたかというと。
今あるこれ、日記を書くということ。

なんか流れで淡々となったけど、これが俺が今日考えたこと。
つまりなんといえばいいのか。
高1高2と、不定期だったけどそれなりの頻度で日記を書くサイトがあって。
電子フィギュア?
高3になってからはこのブログで毎日ひたすら書いてましたねぇ。
部屋の好きなところにこの端末を置いておけば、そこに好きな3Dが配置できる。
音声端子か出力も用意して、アニメーションにも対応させたりしたら。
やたら人気のアイマスとかのダンスアニメーションとかを音楽と一緒に流したら。
音楽に合わせて踊るフィギュアだったりとかがあたかもそこにあるかのよう・・・!!
おかげ様でフォントタグ打つスピードの速さが半端ない←
俺自身ではこれを実現する技量技術は持ち合わせていないのだけど。
ホログラム技術が確立していない今、こういう発展したアプリケーションあるといいなって。
フォトフレームとUSBカメラと制御端末(NPC)あたり用意すればできそうではあるけども。
あとは偏らないように、ひらがなカタカナ漢字英語記号を使うようにしてたりと。
とにかく、ひたすら数こなしてタイピング速度をとてもあげることが出来ましたね。

以上、適当な妄想でした。
なんかこういう技術の拡張考えるの案外楽しいよ!
でもやっぱり今になっても“B”はどっちで打つか悩むね、右手で安定させてるけどさ。
今考えようとしてるのは、通勤時の時間がガラっと変わるようなもの。
電車の広告を電子化することはもうされつつあるから、もっと別視点で。
それとあとテンキー使えたら最強になる、エクセルとかすんげースピードになるよ!
また何か思いついたらお話しますね、今日は寝ますおやすみ!

2010/06/18/23:59 | 日記 | Comment(8)

← 妹さんギャルショーの準備 →

コメント

おお。こういうの好きーww
似たようなのニコ動にあったよねー

2010/06/19/02:14 | はくにゃん | URL | 編集

これ数年後、俺の卒研で←

しかしまぁ実現するには相当苦労しそうですな。

2010/06/19/06:29 | ロッソ | URL | 編集

おー!!
なんかどっかで見たことあるぞこんなん!!

2010/06/19/07:48 | じゅらいん | URL | 編集

なんかめっちゃいいなぁこれw
どうせなら、でっかいディスプレイでしたいのう

2010/06/19/15:45 | tora9900 | URL | 編集

え…。




…"セカイカメラ"?

2010/06/19/18:41 | reightえ | URL | 編集

>彩しゃん
 ニコニコ動画見ないからわかんないー。
 実現できたら素敵よね、自分の部屋で踊るアニメーション!

>ロッソくん
 その頃は別の技術出来上がってると思うよー、ちなみに実現は楽。
 人間情報科にでもいれば、触る機会はあるかもね!

>じゅら
 ちゃんと画像準備してお話しする俺偉い!

>とらら
 でっかいディスプレイだと、フィギュア的スリム感が実現できん・・・。

>レイト君
 セカイカメラの情報量実現率はものすごいけど、こっちは娯楽メインで!

2010/06/19/19:53 | KID-P | URL | 編集

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010/06/20/01:28 | | | 編集

>名無しさん
 これに近いけど方向性はちょっと違うんだなー。
 ただのフィギュアを仮想現実化するという、スリムなインテリアを目指してる。

 携帯電話についても同様、スマートフォンで理想になってるセカイカメラもあるし。
 100均で売り出されるには難しいかな?

 スターウォーズのホログラムは本当にいいね!
 あぁいうSFが現実になろうとしてるから、技術追いかけるのは楽しすぎる!!

2010/06/21/17:47 | KID-P | URL | 編集

コメントの投稿







管理者にだけ公開する

H O M E
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。