DJMAX RAY 何卒よろしくお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/--:-- | スポンサー広告 | Comment(-)

時載りリンネ!

こんばんわKID-Pです、イン大阪。
今日は時載りレビューする予定なのに、画像単発更新を2発かましちゃいました。
まー更新が多いに越したことはないので、予定通り時載りレビューいきます。
というわけでここからは・・・。

・夏休みにも関わらず律儀にも日記を読んでくれてるファンの方
・『時載り』という単語に少なからず興味を持った方
・相も変わらずネット徘徊の日々を送っているそこの暇人

と、上記に含まれない方はPC消して夏休みの宿題をさっさと仕上げなさい。
それではこっから時載りレビューいきます、どうぞ。

『時載りリンネ!』、著者:清野静、イラスト:古夏からす。
第11回スニーカー大賞奨励賞受賞作、ウワサの金帯本です。
金帯買ったのはマキゾエに続いて2作目、マキゾエも神作だよねー。
まー今話すのはマキゾエではなくリンネですね、ここからは中身レビューします、軽くネタバレ的。

リンネは時載りである、200万字の活字を読むことで1秒だけ時を止めることができる種族。
(この設定を一目見て気に入ったのは秘密。)
久高はそんなリンネの幼馴染みでありパートナー、なんかよくある設定。
時載りは、食欲を読書という行為で満たすのだが、リンネは大の本嫌い、しんじゃうよ。
そんなリンネ達があるとき、とある1冊本を拾う。
この“誰にも読めない本”が全ての始まりだった・・・。
こっからは本格的内容なので割愛。

とまぁ、第1巻こんなカンジ、ザッツラノベ。
とりま全体的な感想としては、さすが金帯上手く巧くまとまってるなーってとこかな。
繰り世界の方買わなくてよかったです、続編に期待。

うっしようやくレビュー終わり、携帯だと長く感じたよ。

最近は就寝時刻が早いので、この時間になるとすんげー眠くなります。
というわけで今日も早めにもう寝ちゃう。
それではみなさん、おやすみなさいいい夢みよー!!

2007/08/20/23:31 | 日記 | Comment(0)

コメントの投稿







管理者にだけ公開する

H O M E
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。