DJMAX RAY 何卒よろしくお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/--:-- | スポンサー広告 | Comment(-)

婚約

2012年3月21日0時。

彼女と付き合ってちょうど2年となり、お互いにおめでとうと言い合う。
日付も変わったことだし寝ようかーってなったところを俺が無言で制止。
彼女の手を取りトイレへ誘導し閉じ込めます。

彼女「えっ!?なになにー!?」
俺「ちょっと待ってて」

リビングに戻り、そそくさとセッティングを行います。
およそ5分後・・・。

俺「お待たせしました」
彼女「えー?なになにー!?」

彼女の手を取りリビングへ戻り、ソファへ座らせる。

俺「ようこそキドピーゲームへ!!」
彼女「えwwwwwww」
俺「今から行うゲーム、それは・・・宝探しゲーム!!
  まずはこの紙をお受け取りください。」
彼女「なにこれ、『不自然なペンギン』って書いてある」
俺「これはヒント用紙になっております。
  こちらにお宝のありかのヒントが書かれております。
  これをもとにお宝を探していただきます。」
彼女「ふーーーん?」
俺「それだけではございません、こちらの紙をご覧ください。
  この紙には、14個のマスが書かれております。
  マスには、1~14番の順に番号が振ってあります。
  お宝にもそれぞれ番号が書かれております。
  見つけたお宝を、対応する番号のマスに当てはめてください。」
彼女「えっ、どういうこと?」
俺「そうです!お宝は全部で14個もあるのです!!」
彼女「いやだから、えっ??」
俺「ヒントを頼りに、順番に全てのお宝を探し出してください。」
彼女「わかったー」
俺「それでは、宝探しゲーム、存分にお楽しみ下さい!」

こうしてはじまった宝探しゲーム。
全部で14個のお宝を、家のいたるところに隠しまして。
最初にあげたヒントから、連鎖的に14個見つかる(ハズ)仕掛け。

彼女「『不自然なペンギン』ってなに・・・いたwwwwww」

不自然なペンギン』は、ペンギンのペンケースを電灯にぶら下げていました。

彼女「なんか入ってる!!チョコだ!!wwwwww」

中に入っていたものは、次へのヒントとアルファベットチョコ1個。
チョコのアルファベットは『L』、数字は3番。

彼女「つぎはー『寝るときに頭に乗せます』?なにのせる??」
俺「『頭を』って書いてない?」
彼女「ほんとだー!まくらかな!あった!またチョコだwwwww」

正解です、アルファベットは『O』で、数字は6番。

彼女「つぎはー『睡眠中の喉を潤します』?コップ?ちがうかー」
俺「・・・・・・」
彼女「あっ!アロマ!あったwwwぬれてるwwwww」

正解、アルファベットは『E』で、数字は14番。

彼女「つぎはー『音楽に合わせて動くよ♪』これわかる!うさぎ!!」

音楽に合わせて首を振るウサギのスピーカーの下にありました。
アルファベットは『M』で、数字は8番。

彼女「つぎはー『模擬店王者モギキング』!モギキング出てきたwwww」

これは、電波祭で使われず俺の元にきたトロフィーというか盾。
アルファベットは『A』で、数字は9番。

彼女「つぎはー『調味料の味付けはてきとー』、ちょーみりょーのとこ??」

正解です、彼女の料理のときの決め台詞ですのです。
アルファベットは『M』で、数字は13番。

この段階で14個のマスのうち6つが埋まりました。
[□□■□ □■□ ■■□□□ ■■] こんな具合に。

俺「うんうん、あと8個!!」
彼女「がんばるーー!」

彼女「つぎはー『体を拭きます』!タオルかな?」

リビングからお風呂場へとせこせこ移動し、ごそごそ探しています。
見つけたようで、アルファベットは『U』で、数字は7番。

彼女「『入浴のときにお湯をかけます』!お風呂かな!!」

すぐに見つけたようで、アルファベットは『L』で、数字は4番。

彼女「つぎはー『家を出るときドアにかけます』?カギ?」

玄関のカギ置場から見つけ出す、アルファベットは『Y』で、数字は5番。

彼女「『ピアのを弾くとき腰をかけます』、のーがひらがなになってるよwww」
俺「ミスったw ちなみにいま『かけます』シリーズになってるの気付いた?」
彼女「え?あっホントだ!! 何か意味あるの??」
俺「いや特に意味はないけど・・・、言葉遊びだよ」
彼女「ピアノのイスにあった!」

もはや夢中で探してます、アルファベットは『Y』で、数字は12番。

彼女「『映画を観るとき目にかけます』、メガネかな!!」

メガネケースに入ってました、アルファベットは『W』で、数字は1番。

彼女「つぎー『家を出るとき肩にかけます』??なにこれ??」
俺「(かばんをからうジェスチャーをする)」
彼女「あー!かばん!!あたしの?」
俺「うん」

自分のカバンから見つけ出します、アルファベットは『R』で、数字は10番。

彼女「つぎは・・・『!!M』??なんだこれーー!!??」
俺「・・・・・・」
彼女「(紙をいろんな方向から眺める)あっ!!Wiiだ!!」
俺「おぉ」
彼女「わたしすごくね?すごくね?」
俺「すごいすごい」

Wiiを収納している棚にありました、アルファベットは『I』で、数字は2番。

彼女「『彩色打印机』・・・・・・?」
俺「ちなみにこれ中国語ね」
彼女「そうだよねー、いろどるいろ、うつしるし、つくえ・・・・・・」
俺「机は、電化製品の意味持つよねー」
彼女「んー・・・テレビ?ちがう?」
俺「違う、部屋見渡せばあるよ」
彼女「んーんー・・・あっ!!プリンタ!?かな!?」
俺「・・・・・・」
彼女「あった!!」

14個目のお宝、アルファベットは『R』で、数字は11番。

彼女「『抱きしめて 抱きしめて 強く』?まだあるの??」
俺「それはいいからまず、並べたチョコ読んでみ」
彼女「・・・・・・・・・!!!」
俺「ちゃんと読めた?」
彼女「うん・・・ホントに?してくれませんか、ってこと?」
俺「そう。んで最後のヒント。して。」

ヒントのまま、彼女が強く抱きしめてきました。

俺「俺の背中に、何かない?」
彼女「うんある、なにこれ?」
俺「引っこ抜いてみ」

背中に隠して刺しておいた一輪の花(造花)を引っこ抜く彼女。
花を見つめたまま茫然とする彼女に、メッセージカードを手渡す。

彼女「まだあるの!?」
俺「うん。開けて。読んで。」
彼女「はーい・・・あれ?何も書いてないよ?え?」
俺「あれ?何も書いてない?」
彼女「うん?あれ?」
俺「じゃぁ直接言うね」

俺「結婚しよう」

彼女「・・・・・・してくれますか?」
俺「うん、しよう」
彼女「うん!おねがいします!!」


・・・というわけで。

婚約致しました。

これからは彼女ではなくフィアンセです。

入籍は1年後を予定してます、ご両家に挨拶いったりいろいろあるからねー。

以上、ご報告まで。

2012/03/21/20:33 | 日記 | Comment(0)

コメントの投稿







管理者にだけ公開する

H O M E
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。